どこでもツーキュー

通級、特別支援教室で作った教材や勉強したことの記録をします。

やる気を出す方法

 

勉強を効率よくするのに一番大切なこと

 

それは「やる気」です。ありますか「やる気」

ないですか。なければ見つけましょう。

 

なりたい自分や行きたい高校、興味のあることは何ですか。

「長期の目標」があれば、今日だけの「やる気」ではなく長く続く「やる気」になります。

 

見つからなければ、しょうがないです。「やめる」か「しぶしぶやる」か。

 

「やめる」なら今日はもうやめましょう。

あとでどうなるかはわかりませんが、無理してやってもあんまりいいことありません。

 

「しぶしぶやる」なら、少しでも「やる気」がでるようにちょっと工夫をして勉強を始めましょう。今回はやる気を出すことについて調べてきました。やっているうちに「やる気」が出てくればいいなあと思います。

 

 

また、やる気を出してただ勉強をするよりも、ちゃんと身につく方法でやった方が良いです。短い時間で、楽しくラクしてできる方法でやりましょう。科学的に効率の良い勉強法については興味があればお話しします。

 

 

 

 

 

やる気を生み出す方法

 

①とりあえず始める

行動することが何よりも大切です。

行動を始めると脳が動き始め、やる気が生まれます。

「とりあえず1問だけ、5分だけ」でも始めると意外と続くかもしれません。

 

何もせず、「めんどうだなー」「やらなきゃなー」と思っているだけでは何も生まれません。

とにかく始めましょう。

 

②やる気がないときはやらない

とりあえず始めるのが大切ですが、やってみても気分が乗ってこないときはあります。

そんなときはやっても無駄です。提出物を出すだけならだらだら続けても良いですが、

知識を身につけるため、受検のための勉強などならいったんやめてしまいましょう。

自分が求めていないときに知識はあまり身につきません。

 

5分休憩して、時間がたったらもう一度勉強を始めてみましょう。

①「とりあえず始める」に何度も挑戦してやる気がでるのを待ちます。

ただし、この休憩時間を守れないとどんどんとやる気がなくなり、勉強をせずに1時間、2時間と時間が過ぎていくことになります。

漫画、アニメ、ゲーム、ネットサーフィン、電話、SNSなどは没頭してしまいがちです。

ストレッチ、深呼吸、寝る、散歩、シャワーなどがおすすめです。

 

③目標を決める

なにか行動をするときは「何のためにするのか」目標をはっきりとさせましょう。

目的や理由をハッキリとイメージすること。ゴールが決まることで、そこに向かって自然と行動ができるようになります。逆にこれがないと、やる気も出ず、中途半端。時には必要のないことに時間を使うことになります。使わない勉強を頑張りますか?

 

目標は「何がしたいのか」「なぜそうしたいのか」考えましょう。

よくわからなければ一緒に考えましょう。目標の立て方にも上手、下手があります。

具体的じゃないと意味がないのです。

 

④勉強する時間を決める

「勉強しなきゃなあ」と思っている人は「じゃあそれをいつやるのか?」は決めていますか。

何事も具体的に考えるようにしましょう。

「〇時〇分になったら始めよう。」「何時から何時までは勉強」と決めた方が良いです。

 

毎日の勉強時間を決めれば、

・勉強が習慣化しやすい。

・その時間になったら自然と始められるようになる。

・その時間以外は罪悪感なく自由に使える。

ようになります。

 

それが難しければ、今日一日の勉強時間を決めてみましょう。

「自分で決めたことは実行する。」

成功、成長のために私がとても大切だと思っている考え方です。

まずは今日、決めたことができるように一回頑張ってみてください。

 

ただし、高すぎる目標やいきなり頑張りすぎてはダメです。

自分に合っていない計画や難しいプリントはやる気を消滅させます。

 

勉強する習慣がない人はまずは10分やってみてはどうでしょうか。

まずは始める、続かなくても落ち込まない。まずは行動を起こすことが前進です。

 

勉強の仕方は人それぞれですが、どうやっていいかわからないときは相談してください。

科学的には25分勉強して5分休憩が良いといわれています。

そしてそのうちの25分の使い方もいろいろな効率の良い方法が発見されています。

最初の10分は新しい知識を取り入れることに使います。

・教科書を読む

・先生の話を聞く

・動画を見る

・ノートを見直す

などのことです。とりあえず10分決めてやってみたらどうですか。

ポモドーロテクニックというらしいです。

 

⑤勉強する場所を決める

決まった場所に行くことで「やろう」とスイッチが入ることがあります。

 

逆にベッドやテレビが近くにあると、寝よう、観ようと気持ちが動いてしまいます。

その場所がリラックスする場所なんだと脳が思っていたら、どうしてもつられてしまうのです。私もそうです。

 

「ここに座ったら勉強するんだ」と決めることで、集中モードに入り、スムーズに学習を始められるようになっていきます。集中が続かない自覚があれば、勉強する場所を決めてそこでは勉強以外のことをしないことです。休む時は別の場所で。

 

私が勉強する場所は

・おうちのカウンター

・お風呂(本を読む)

です。外はあんまり行きませんが、

・図書館

・喫茶店

・自習室

などに行く人もいます。

 

いつも集中できるところでも「なんとなく今日やる気でないな」という日があるかもしれません。そんなときは「場所を変える」だけで気分が変わるかもしれません。

違う席に座る、違う部屋に移るだけでもよいです。

 

 

⑥姿勢をよくする

姿勢をよくすると活動するときの交感神経がよくなることがわかっています。

やる気が高まり、集中するスイッチが入ります。

 

もっと効果をあげたければ、椅子と机の高さも身長にあわせて調節するとよいです。

https://www.bauhutte.jp/bauhutte-life/tip2/

このサイトで計算できます。

 

ちなみに私は立って体を動かしながら勉強しています。ダラダラしなくなりました。

【理由を話そう】無人島SOS、一人暮らしに欲しいもの

特別支援教育についての本を読んでいて、なんでこのブログを作ったか

改めて思い出しました。

具体的になんの授業をしているか全然書いてないから、自分がやったことを

書いていこうと思ったのでした。

 

しばらくたんたんとプリントをのせましょう。

続きを読む

「やる気が出ない…」「心が不安定…」そんなときは“セロトニン”を増やそう。

・毎日きぶんがよくない

・学校に行きたくない

今回はこんなことを感じている人向けに書きます。

 

具体的には

・なんか不安

・やる気が出ない

・まいにち楽しくない

・ぐっすり眠れない

・なんとなくいつもだるい感じがする

 

・部屋にこもりっきり

・誰とも会話をしていない

・ベッドから出られない

・食欲がない

などの悩みを感じている人にも役に立てばうれしいです。

 

 

今回注目するものは

 

セロトニン

 

です。

 

 

セロトニンとは

セロトニンとは「しあわせホルモン」とか呼ばれるもので、

体の中でセロトニンがたくさん作られると、

・気持ちが明るくなる

 

・不安が減る

 

・睡眠リズムが整う

 

・体温が調節される

などの良いことだらけです。

 

 

具体的にどういうことがいい事があるかというと、

・1時間目から集中できる。

・なにかに挑戦する気がでる。

・朝すぐにベッドから出られる

・夜ぐっすり眠れる。

・受験前の緊張が和らぐ

・外に出る気になる。

など気持ちや生活習慣についてよい効果を与えてくれます。

 

 

セロトニンを作るためには

自分でできること

保護者の方ができること

先生ができること

に分けて考えます。

 

薬や努力に頼ることなく、毎日のちょっとした心がけでセロトニンを作ることができるので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

 

 

 

自分でできること

太陽の光を浴びる

朝起きてまずは部屋のカーテンを開けましょう。

まずはそれだけでいいです。

 

セロトニンを作るには太陽を浴びる必要があります。

 

外に出られなくても、日に少しでもあたりましょう。

ついでに窓を開けて新鮮な空気を吸いましょう。

 

余裕があれば20分くらいあびると良いそうです。

森や公園を散歩したりするのがかなりいいそうです。

 

リズム運動をする

決まったリズムでテンポよく体を動かすことで、セロトニンが活性化されます。

5分程度でもよいので体を動かしましょう。

 

1日を良いスタートで切るためには朝に行うのが良いと思います。

 

学校へ行くのに歩いていく人は一定のテンポでリズムよく歩けばそれでOKです。

腕を振って、少し早歩きをするイメージです。

 

 

他にもダンス、ストレッチ、ラジオ体操、サイクリングなど、自分がやっていて楽しいもの、気持ちの良いものを見つけてやってみてください。

 

ただし、息が上がったり疲れたりするほどやらなくて大丈夫です。

 

~参考リンク~

Rhythm「セロトニン増やす方法!医師おすすめ、リズム運動・呼吸から食べ物まで(実践編)」

https://www.life-rhythm.net/happy-hormone-serotonin2/

 

 

周りの人に助けを求める

朝も起きられない、運動する気にもならない…という人はこのページ、もしくは

 

セロトニンっていう“やる気がでる物質”があるんだってー」と

 

先生や保護者の方、友達でも誰かに言ってみます。

 

一人でできないことは誰かと一緒にやりましょう。

もしくはやってもらいましょう。

 

 

保護者にできること

食事で材料を採る

セロトニンの材料になる食材があります。

 

トリプトファン

・炭水化物

・ビタミンB6

をとるのがよいそうです。

 

具体的には、

バナナ

大豆製品

ごはん

などに含まれ、それらをバランスよく食べるとよいです。

下記リンクに詳しくレシピ等も書かれています。

 

太陽と運動ほどの効果はないですが、朝にまずは食べることから始めてみるのも十分価値があると思います。

 

~参考リンク~

こころ×からだ「「トリプトファン」を摂って、しあわせホルモン「セロトニン」を増やそう!」

http://www.japanclinic.co.jp/counseling/detail.php?id=61

 

食事をする場所やよく座る場所の日当たりをよくする。

家の構造によりますが、朝食を食べるときや準備をするときに日光があたるようにする。

また部屋にこもってゲーム、PCをする場合にも日の当たる部屋でやるようにする。

 

先生にできること

話し相手になる

人と関わり、感情を表現することでセロトニンが分泌されることがあるそうです。

(科学的な根拠が書いてあるものが見つかったら紹介します。)

 

先生は話し相手になってあげたり、一緒に運動に取り組んだりしてください。

同級生と話す機会を作ったり、何時でもよいから学校に来るように伝えたりして、外出を促すことも大切です。

 

 

~参考リンク~

不登校解決策ブログ「不登校対応改善方法 ~セロトニン不足解消のための3つの工夫~」

https://futoukou.hateblo.jp/entry/futoukou-taiou-serotonin

 

さいごに

直接の問題の解決にはならないかもしれませんが、前向きに取り組むためにセロトニンが作られる生活を毎日こころがけてみてください。

 

 

中学生におすすめの勉強アプリ【通級教員の選ぶ無料アプリ2】

アプリ紹介その2です。

今回も学校で使えるように通信の不要なものです。

 

 

  • 英語
    • 早打ち英文法
    • 中学英単語
    • BINOBA中学英語
  • 数学
    • 数学トレーニン
    • なん度?
    • Ninimaths
    • 折り紙ちょき
  • 国語 
    • 中学生漢字
    • 四字熟語判定
    • はんぷく一般常識ことわざ
    • 五色百人一首
    • 漢字検索
    • 美文字判定
  • 理科 
    • 中学理科
    • 人体パズル
    • ElementalQuiz
  •  社会
    • 日本地名パズル
    • 世界地図パズル
    • 都道府県クイズ
    • 地図記号クイズ
    • テス勉公民
    • 中学社会
    • 戦国武将クイズ
    • 世界の首都クイズ
  • 実技教科 
    • 中学実技4科
続きを読む

どうせやるなら頭の良くなるゲーム!通級教員の選ぶ無料アプリ【その1】

「家にいるとゲームばかりしている。」

保護者の方からよく言われることです。

 

 

特に今年の長いゴールデンウィーク、毎日毎日ゲームをされると

見ているだけでどんどんイライラしてくるかもしれません。

 

 

取り上げたり、禁止したりするとお家の空気も悪くなるので、

 

どうせなら頭がよくなるゲームを紹介してみたらどうでしょう。

 

 

ゲームは上手に使うと脳に良いです。

  

 

やりすぎはもちろん良いことではありませんが、

脳トレにはなっているということで少し気が休まるかも…

 

 

最短の時間で最大の効果を手に入れる 超効率勉強法 メンタリストDaiGo著 Gakken 263ページにて

 

「テレビゲームは脳に良い」という分析結果

 

が出たと大学の分析が紹介されています。

 

どんな良いことがあるかというと、

 

 

海馬が大きくなり、注意力を保つ力が増え、ワーキングメモリが向上します。

 

とのことです。

 

本には脳の力をアップさせるゲームの条件3つと具体的なゲーム名がいくつかあげられています。詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。勉強の方法もたくさん紹介されており、とても参考になります。

 

 

 

今回は無料のアプリで同じような効果の得られそうなものを探してみます。

WiFi通信のできない学校や家でギガを使われまくるのを気にしなくていいように

オフラインで遊べるものを紹介します。

 

 

何回か分野ごとに分けて紹介していこうと思います。

 

今回は「とっさの判断」が求められる系です。

時間に追われたり、数の制限のある中で、集中して判断を下すことが脳を鍛えると考えてです。 

 

 

1 Snake VS Block

自動で進んでいくボールを左右に動かして進んでいくゲームです。

 

途中に落ちているボールを拾うと書いてある数だけ付いてくるボールが増えます。

進んでいると壁にぶつかりますが、書いてある数の分だけ付いてくるボールを消費すると壊せます。

 

・ボールを拾いながら、壁をよける。

・数の小さい壁を選ぶ

 

といった判断が求められます。

 

ステージクリア方式になっていて短く失敗してもやり直せるので

ちょっとだけ遊ばせるときや、成功をほめてあげるのに使えます。

 

ずっと続く得点を競うものもあります。

集中力が続く限り頑張ったり、誰かと競うときに使えます。

 

間違えてぶつかってもすぐに終わらないのがいいところです。

 

Snake VS Block
Snake VS Block
開発元:Voodoo
無料
posted withアプリーチ
 

2  Smash Hit

3D空間を進んでいき、ボールを投げて的を壊していくゲームです。
このゲームも勝手に進んでいきます。
 
ボールを打ち出したら放物線を描いて飛んでいくので
・どのタイミングでどこに投げれば的にあたるか
をとっさに考えなくてはいけません。
 
また、持っているボールの数には制限があるので、
 
動く障害物は自分が通るときぶつかるか考え、
・ぶつかるなら壊す
・ぶつからないならボールは節約
 
 
物理的な予測をたてながら、節約するかの判断が求められるゲームです。
 
ガラスの障害物が割れる様子と音が気持ちいいです。
 

Smash Hit

Smash Hit
開発元:Mediocre AB
無料
posted withアプリーチ
 
 

3  HOLE. 

パズルゲームです。

ボタンを押すとボールがはねるので、

バウンドさせて転がして、ゴールの穴に入れます。

 

このゲームもボールの軌道を予測しなくてはいけません。

 

 

・タイミングよくボタンを押す

・どうやって穴に入れるか試行錯誤する

 

アクションの要素とパズルを考えることが組み合わさっています。

 

HOLE.
HOLE.
開発元:METRO CORPORATION
無料
posted withアプリーチ
 

4 Temple Run2

 避けゲーです。

障害物を避けてとにかくたくさん走るゲームです。

 

穴は上にジャンプ、曲道は左右に曲がるために指ではじく。

左寄りを走るときは本体を左にかたむける。

と障害物に応じていろいろな操作を求められます。

 

今までのものより 見た目もゲームっぽい感じです。

 

Temple Run 2
Temple Run 2
開発元:Imangi Studios, LLC
無料
posted withアプリーチ

5 忍者ステップ - エンドレスランの無料のアクションゲーム

シンプルで簡単です。
タップしてジャンプ、長押しで大ジャンプ。
次の足場を見て、どちらかを行い進んでいきます。
 
時間制限はあるけど、あせるとつい間違えてしまう。
小さい子でもできそうだけど、途中からかなり速い。

 

 

忍者ステップ - エンドレスランの無料のアクションゲーム
忍者ステップ - エンドレスランの無料のアクションゲーム
開発元:Milkcorp
無料
posted withアプリーチ

 

6 人生逆転!鉄骨渡り

すっごく「ざわ…」「ざわ…」してそうな感じですが、

クネクネした道を左右に曲がりながら進んでいくゲームです。

 

Temple Run 2を左右に曲がるだけのシンプルにした感じです。

 

記録がお金で“100000円”のように出るので、終わった後何に使いたいか聞くと話のきっかけになります。

 

人生逆転!鉄骨渡り
人生逆転!鉄骨渡り
開発元:Goodia Inc.
無料
posted withアプリーチ
 
 
今回はここまで。似たようなゲームはたくさんあるので紹介したものと似た特徴があるものなら何でもやってみる価値はあると思います。いいのあったら教えてください。

:

 

 

 

 

 

 

 

「心の容量」がいっぱいになっちゃわないように自分でできること

脳はメモリーカードやコップのようなもの。

一度に入る量は人それぞれ決まっています。

 

それなのに毎日はあれもこれもやらなければいけないことでいっぱいです。

 

宿題、部活、家のこと、友達のこと、そのほかにもたくさん。

時間を気にして、人の気持ちを気にして…。

 

 

いっぺんにたくさんのことが起きると

いっぱいいっぱいになって抱えきれなくなり、

 

 

「ぷつん・・・」と心が折れたり、
「どっかーん」とパニックになったりします。

 

だれでもそうです。

でもなるべくそうならないように

 

そうなりそうな予感がしたときに

「自分でできること」を考えてみます。

続きを読む

【数学】中学1年生の定期テスト練習

中学校では学期の中間や終わりに定期テストがあります。

小学校とは違うといっても、

 

「じゃあ実際何がどう違うのか?」

その説明をする機会を作ってあげたいです。

 

今回は先生向けに描きます。でもお家でやってみてもいいです。

続きを読む

カウンセラーに学ぶ「聞き上手」になるテクニック

子どもたちが

不安でしょうがないとき
何か問題を起こしてしまったとき
 とにかくたくさん話を聞いてほしいとき

そういうときに頼られたときは、とにかく「話を聞いて」あげてほしいです。

続きを読む

【困ったとき】頼れるところ一覧

子どもたちのためになりたいと思いながら、

できることは全然ないことに気が付いた今日この頃。

 

学校に来られない子や週に一度しか会わない通級の子でさえそう感じるので、インターネット上ではさらに無力でしょう。

 

なので困ったとき、頼ることができるものを調べてみます。

続きを読む

【教材】話すのが苦手なときは…「2択自己紹介」

    朝食は…

A:ごはん    B:パン

 

 

話すことが苦手な子どもには、

「選ぶだけ」でできるものを用意してみます。

続きを読む

【教材】簡単自己紹介台本

「自己紹介をお願いします。」

入学、クラス替えをしたら、まずは前に立って行うかもしれません。

でも人前で話すことが苦手な人にはとてもむずかしいことです。

 

ブログを書き始めることにしたので、私も自己紹介をしようと思いますが、

私も学生のころは自己紹介が苦手でした。

 

自己紹介が苦手な人、
自己紹介の授業を行う先生のためになるように

この間作った教材を紹介しながら、自分のことも紹介していきます。

  

【教材】読むだけ簡単「自己紹介台本」

続きを読む